二日酔いへの効果

若白髪を治療改善!-原因から予防と対策まで-

オルニチンには、二日酔いのもととなるアセトアルデヒドを解毒するはたらきがあります。

オルニチンTOP > 二日酔い

二日酔いを解消するには

深酒した後に訪れる不快な二日酔い。二日酔いになると、吐き気や頭痛などの症状が起こります。

通常、体内に取り込まれたアルコールは分解され、最終的に体外へと排出される仕組みになっていますが、自身のアルコール分解能力を超えた量を酒を摂取すると、アルコールが体に残って二日酔いのもととなります。

二日酔いは急性アルコール中毒とは異なり、それ自体に命の危険性はありませんが、翌日の生活に影響を及ぼすため、できれば避けたいところです。

二日酔いの原因『アセトアルデヒド』

体内に取り込まれたアルコールは肝臓に運ばれ、アセトアルデヒドと呼ばれる物質に分解されます。

アセトアルデヒドは、アルデヒド脱水素酵素によって酢酸に変わった後、肝臓を出て体内を巡り、二酸化炭素と水に分解され、尿や汗、呼気となって体外に排出される仕組みになっています。

しかし、この一連のアルコール分解には非常に時間がかかっており、大量のお酒を飲むと、肝臓がフル活動してもアセトアルデヒドが残ってしまいます。

アセトアルデヒドには強力な毒性があるため、体内に残留していると吐き気やめまい頭痛などの二日酔い症状を起こしてしまうのです。

オルニチンで二日酔いを予防

オルニチンには、肝臓の解毒システムである『オルニチンサイクル』を構成する成分として、肝臓のはたらきを助ける作用があります。

オルニチンサイクルは肝臓に回された毒素を解毒する作用があり、アルコール摂取後に発生するアセトアルデヒドの解毒を行い、二日酔いのもとを解消してくれます。

通常は肝臓だけでせっせと解毒するところを、オルニチンがサポートしてくれるので、解毒作用がスムーズになり、二日酔いになりにくくなるのです。

もちろん、肝機能の酷使を防ぐことにもつながるので、肝臓をいたわることもでき、一石二鳥の効果を得ることができます。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) オルニチンの効果と副作用 All Rights Reserved.